娯楽三昧

迷宮式娯楽三昧・全年齢版

まだ自己啓発家に消耗してるの? 自己啓発家の愚かさ早わかり解説

game-like.hatenablog.com

先日こんな記事を書いたんですが、それとは別に「おっ、自己啓発家のお馬鹿さが凝縮されてるな!」というサンプルを見つけたので、本日は自己啓発家の意識高い系お説教ポルノ感性という点をご紹介していきたいと思います。
これで貴方も自己啓発家に騙されない! 自己啓発家に消耗させられない!

というわけでこの動画。
うつ病ADHDの人間が見るときは心の準備をしてから見てください。
www.youtube.com

動画みたくね~! って人は同じ題材が記事になってます。
yomitai.jp


はい、これには自己啓発家のダメな部分がたっぷりです。凝縮されています。

専門家の真似事をする


中途半端に金銭的成功を収めた人間が必ずといっていいほどやることが専門家の真似事
今回の場合は精神科医です。
明かにうつ病、鬱屈として精神的に消耗している人間からの相談が上記の記事だったわけです。ネガティブになり、悪いように解釈してしまう人間に対して、この実業家はこう答えました。

この世にある全ての物事、全ての事象は多面的です。
一面的な物の見方や考え方ばかりしていては正しい判断や正しい認識を得ることが出来ません。

はい。

あたりめーーーーーだろ!!!!!


精神的に追い詰められてるんだから正しい判断できない状態異常になってるから苦しんでるんだろうが、お馬鹿!!!

自己啓発をする実業家、半端に社会的に成功した人間というのは学を軽視して(学校意味ないよ、とか言う)、自分が成果をあげられたという事実でもって、バイアスにがかった成功論を展開するのが趣味みたいなものです。
そして彼らが大好きなのは、他人に説教をすることです。

バイアスだらけの成功体験論

特に自己啓発家は多面的、別の側面から物を見るという詭弁紛いの言論が大好きです。
別の側面から物事を見てみましょう、という言葉はあの漫画のこのページですよ。

f:id:SEI_BU:20200422054712p:plainf:id:SEI_BU:20200422054715p:plain
闇金ウシジマくん

「だからなに?」でしかない。

もちろん、見方を変えれば「ピンチはチャンス」になる可能性は充分あります。ブラック企業で疲弊した人がその体験談を元に漫画にしたら? それはもう常人では考えつかないリアリティのものになることは可能でしょう。
世の中にそういった例は数多くあり、しかしそう宣う当事者たちが見落としている決定的な点が、
「ピンチをチャンスにした話がすごい! と受け入れられるのは、普通はそれができないからである」
ということです。

ピンチをチャンスに変えることが可能なら、見方を変えて逆転することが普通のことのなら、世の中はピンチを恐れたりしません。


ピンチはピンチ。


そういった思考ができない人間が、まあ自分に対してそうマインドセットするのはよいでしょう。当人の勝手ですし、楽観的に物事を見ることは成功を収めるのに必要な素養のひとつであるとは研究成果があります。
ですが、自己啓発家が邪悪なのは、悪意、あるいは「自分はこれで変われたから!」という善意で他人に提案してくることです。

ここが彼らの最も邪悪なところ。
相談と説教をはき違えているのです。

相手が判断能力のある人間なら「人それぞれだから」ですませられます。改めて考えて判断してみたり、自分に取り入れられそうなものを取捨選択したり、思考が動きます。
ですがうつ病や精神的なデバフがかかっている人間にはそれができません。
そもそも啓蒙活動は心の在り方を変えるもの。一方精神疾患は脳の症状を治すものです。水を褒めて水がよくなりますか? 水をよくするには浄水器に通せばいいんです。
が、自己啓発家は専門家の真似事をしてしまう自意識の持ち主なので、それがわかりません。それっぽいもの似てるもの、とにかく自分が関係ありそうという物事を武器として、病人相手にすら同じ論理を展開してしまうのです。

自己啓発家とは風俗で説教するおっさんである

みなさんメンタルクリニックには行ったことがありますか?
彼らが悩みを聞いたとき、どんな対応をするでしょうか。
まず間違いなく第一声は「大変でしたね」「がんばりましたね」です。

まず苦労してきた人間に共感し、労り、まず人生という舞台の外で倒れてる人を舞台の上に上がらせなおし、さあとはいえここから変わっていかなければならないですよね、と打ち合わせを始めるのがカウンセリングです。

精神的に参ってる人間は正常な判断能力ができない状態です。不眠症になりひとりで夜を過ごさねばならず、朝の活動ができなくだけで「社会から切り離された」「俺は生きてはいけない人間だ」「人間としておかしいのだ」と死すら考える(俺の事でした)ような人間に、「これこれこうした方が上手く行きますよ」といっても無駄なわけ。

溺れている人間に溺れない方法を教えても意味ないわけ。
自己啓発家はだいたい勘違いしているので、溺れている人間に溺れない方法を教えてしまうわけです。お金がない人間にお金は幸せじゃないよとか言っちゃうわけ。助けろよ!!!

うつ病になってる人間に「謹言を授けよう」と考えた人間は、このように共感をすっ飛ばして「それではいけません」と厳しいことを言う。たとえ後々の文章に正しいことがあるとしても(だいたいのことは多少の正しさと参考にできるものはあります)、相手に聞こえてない状態で、あるいは悪いように聞こえるフィルターがある状態でいっても暖簾に腕押し、糠に釘。
俺達はいま「生きるか死ぬか」の話をしている。「どう生きるか」の悩みはしてないわけ。

まるで風俗で「こんな生き方じゃ消耗しちゃうよ」とお説教するおじさんと同じですよね。
当人たちは他人のためにという自分に酔い、実際はお説教する自分で「気持ち良く」なっている。
そしてアカデミックを軽視した(無意識にでも)結果、彼らは平気で医者の領域を侵すのです。
なぜ精神科医に免許があるのかも考えず、あるいは理解できず、彼らの繊細な語り口の理由をリスペクトせず、ただ真似事として「否定から入る」というお説教、相手を支配する論法で話してしまう。

自己啓発家の正体とは?

こういった自己啓発家をなんと呼べばいいか?

無自覚な人殺しじゃないでしょうかね。




ちなみに参考記事にも研究成果的に正しいこともあるんですが、だからといって最低最悪であることに変わりは無いので、「でも正しいこともいってるし……」ともごもごするのはやめましょう。それこそ多面的に見ましょう。
正しいからといって、その人の罪が許されるわけではないし。
俺も今回例にした人の記事ふつうに愛読してますけど、ほんと、うん……自己啓発やビジネス論に凝り出すと「漫画家なのにコメンテーターとして出張っちゃう人」みたいなさもしさがでるので、うん……辛いっすね……。

こういう世に溢れた自己啓発を見るくらいなら、ほんと、せめて引用論文があるものを見た方が有意義ですね……(だからって情報の取捨選択にただしさがあるとも限らないので、同時にアンチテーマになる本も読むべきですが)

残酷すぎる成功法則  9割まちがえる「その常識」を科学する

残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

邦題はアレですけどこっち読む方がマシです。

自己啓発家はすべて人でなしである

企業の目的は顧客の創造である。
                ピーター・ドラッガー

そして自己啓発家はすべて人でなしである。例外はない。

みなさんマナー講師はお好きですか? 俺は大嫌いです。
マナー講師と自己啓発家、特別に憎い存在ですね。雑誌やらYouTubeで活動してる彼らの発言を見れば見るほど「人でなし」という印象が強くなるわけですが、その根幹にあるのはドラッガーのこの名言でしょう。

顧客の創造。ドラッガーの提唱するビジネスの基盤であり、マーケティングには本当に大事なことです。例えば「女性はみんな胸を大きくみせたいはず」と思い込みで豊胸系のブラばかり出してもレッドオーシャンになりますが、そこで「胸を小さく見せたい女性だっているはず」と新たな顧客を創造すれば新しい需要と商品の開発ができる、それと同じわけです。

が、これを自己啓発家やマナー講師など思考系ビジネスの人間がやると最悪です。最悪オブ最悪、武器商人の方がまだ倫理観があります。自己啓発家には倫理観はありません。善行だとすら思ってる手合いはいるでしょう。即刻法律で罰則をつけるべきですね。
何故かといえば、自己啓発やマナー講師は人を死に追いやるルールを作る人間だからです。

一例をあげます。

続きを読む

魔法少女モノは文化の盗用で成り立つジャンルである

魔法少女を名乗る作品に魔法少女が登場することはない。
何故なら魔法少女を名乗っている時点でそれは魔法少女ではなく、ただ可愛らしいフリルの服を着せられた娼婦に成り下がるからである。


基本的に、一般的に魔法少女モノと呼ばれるものは、魔法少女という概念を借用して、別ジャンルの話をするために使われるジャンルコードだからだ。


そもそも魔法少女とはなにかといえば、女の子がかわいらしい姿に変身して物事を解決していくキュートの代名詞といえるイメージがある。
魔法少女モノは、そういった可愛らしさの象徴というイメージのある魔法少女たちに残酷であったり過酷な運命を背負わせる、「明るいメインカルチャー」に対する「カウンターとしてのサブカルチャー」だ。
そして、「魔法少女」と「魔法少女モノ」は似ているようで完全に別ジャンルである。


そもそも、魔法少女として頭に浮かぶイメージは多々あるが、それらは基本的に「魔法少女」を名乗っていない。
カードキャプターさくら
おジャ魔女どれみ
ふたりはプリキュア
どれも「魔法少女」として認識できるが、そのどれもが「魔法少女」の名を冠していない。
それも当然で、「魔法少女」というジャンル、職業を名前により規定してしまうと、枠が定まってしまうのだ。


魔法少女はこういうものである」と決めることは「魔法少女はこういうことをしない」と言うのと同じであり、単語化することではみ出した部分の味わいが消えるのである。中二病という言葉で矮小化されてしまったせいで、「中二病とは痛々しくネタにできるものである」と規定され、それ以前にあった「ポケットにカッターナイフを忍ばせる」だとか「周囲への理由なき怒り」だとか、そういった繊細な思春期の情動が切り落とされ、すべて恥ずかしいものであると決定されてしまったのと同じだ。


魔法少女」とは女の子に向けたものであり、良いお嫁さんだとか家庭を守るものだとか、忌むべき古きお題目の型に嵌められがちなセクシャルに対する「新しい選択肢」として可能性を広げようとした作品群でもある。だからこそ、作品はそれぞれに新しい職業名をつけたりして新しい世界への道案内をしようとしている面がある。


なのに、「魔法少女モノ」とはそれら総てをひっくるめて「魔法少女」と総称してしまい、中二病と同じようにラベリングしたうえで展開する作品だ。元ネタである魔法少女にあった味わいをそぎ落とし、それらが積み上げてきたジャンルの文脈を無視して要素要素だけを借用したジャンル。そして概念を借りるときに、メタレベルからのアプローチにより説明を省略するためだけに使われる用語。それこそが「魔法少女」という4文字であり、形のないものに名前をつけて概念を借用するものこそが魔法少女モノなのである*1


よって、魔法少女モノは魔法少女を名乗っている時点で「魔法少女」になり得ない、形だけの魔法少女にしかなれないのだが、この辺りのすれ違いを意識して作っている魔法少女モノの書き手はどの程度いるのだろうか、とふと思ったりした。

*1:それでも俺は魔法少女モノで抜くけどね。

鬱じゃない! 米澤穂信『ボトルネック』の真実 ――感想と考察

『聞いて。 思考に限界はない。キミにだって。─ ─ 想像して!  あの娘が本当に望んでいるのは何?』

米澤 穂信. ボトルネック新潮文庫

ボトルネック(新潮文庫)

ボトルネック(新潮文庫)


米澤穂信と言えば日常ミステリ、それが自分の中の印象だった。
古典部から始まり、小市民シリーズを読んで、ベルーフや折れた竜骨を読むようになって、ああ違うのも書くんだな、と認識変わっていった。
それでも自分の中では日常ミステリの書き手で、つまりボトルネックを読み始めたとき、これはいつものモラトリアムの過剰な自意識を持った少年の物語なのだなと思った。

とんでもなかった。
これはジュブナイルで、ミステリで、SFで、それらの皮を被ったホラー小説でもあった。なんだこれは。

ただひとつ問題点があるとすれば……

漁っても漁ってもこれは鬱小説ですという人間が多いことだよ!!!!

いや、これは事実です。鬱です。最初はクラクラしました。でもこれはそれだけじゃない、いつもと同じ、モラトリアムの終わりを告げるお話なのです……。

とはいえそう読めるように作ってあるのも事実。
実際、自分も若い時に読んでいたら鬱だと思っただろう。

現実的な、子供にはどうにもできない家庭と大人の問題という恐怖。死んだ何者かの、いつもと違う風景といった超自然的な恐怖。これらの双方に押しつぶされるような物語に、本を読み終えたときに唖然とするはずだ。
でもちょうど、この本が刊行された頃、自分は16歳だった。けれど、手に取ったときは27歳になっていた。

当時の自分なら――
間違いなく失望の終わりを感じて本を閉じ、主人公の抱く「自分が生まれたことが間違いなんじゃないか」「自分がいない方がいいんじゃないか」と自己否定にただただ同意して、これもありだろうと頷いていたかもしれない。ラストを否定しない作品に感謝したかもしれない。

だが今は衝撃を受けると共に、それでもただ与えられたものを口を開いて受け取る歳ではなくなった。

「思考に限界はない」

その発言を反芻するうちに、疑問点は次々見つかった。

それらから目を塞いで「受け入れる」か「想像力を働かせる」か。
この物語の結末をあっさり納得するなら前者になる。

「どっかに『ああ、勘違い!』みたいなのが潜んでるよ」「……違う?」「なんだろ。根本的な誤解というか思い込みというか、臆断があるみたい。どこかな。ちょっと待ってね、えっと」

米澤穂信.ボトルネック新潮文庫

勘違い!
最期のページを見直してから、
暗がりの中の昏い光を頼りにして、『もうひとつの結末』を探すことにした。

というわけで、この記事は巷で解釈されているパラレルワールド説すら否定しつつ、別のエンディングを考察するものである!

※以下ネタバレ

  • リョウのいない世界とは
  • 唯一の生存者
  • グリーンアイド・モンスターの正体
  • ノゾミのイチョウの真相
  • 主人公を死後の世界に招いたのは誰
  • 三日間の真実
  • メールの送信者
  • 恥をかかせるだけなら、二度と帰ってこなくて構いません
  • ボトルネックの真実
続きを読む

《映画》屍人荘の殺人に見る大衆の琴線

shijinsou.jp

昨年から公開された屍人荘の殺人の劇場版。
ネタバレ厳禁と告知されたPVを見たとき、自分は「これはクソ実写映画化か!?」と思った。

詳しくはネタバレになるので伏すが、この作品は極めてオタク的なミステリ小説だった。
なので、それを必然的に多くの人間に向けてマーケティングすることになる映画という分野では、茶化しが入るのかもしれないと危惧したからだ。
分かりやすく、安易に、安直に。
映像は理解しなくても進行する。誰にでも見ることができる媒体で、本やゲームとは違う。理解していなくてもみることができる媒体であるから、このような駄作映画化が発生してしまう。

原作と漫画版を既読の自分は戦々恐々としながらも、感想を見ずに映画館に行った。クソ映画を非難するものはクソ映画を見なくてはならない、を標語にしていても、クソ映画だと事前にわかっているものを映画館に見に行くのは二の足を踏んでしまうからだ。

はたして、屍人荘の殺人は名作だった。
どれほどかと言えば、EDで席を立つものがひとりもいなかった。こんなこと、ここ最近では久しぶりのことだった。エンドゲームのときくらいかな……?どうだったかな……。

なので、屍人荘の殺人を未見のもの、あるいは原作のみ既読の方は、以下の内容を読まずに映画館に行って欲しい。マジでネタバレ厳禁なので……。
ネタバレといえどちょいネタバレですけど、まあ自己責任で!

続きを読む

日本の少子化を止める鍵は姥捨て山文化の復活だった!?




せーーーーのっ!




んなわけねーーーーーーーだろバーーーーーーーーカ!!!!!

続きを読む

映画館に持ち込みをするヤツはハッピーセットでもしゃぶってろ

映画館に行くと絶対にペットボトルとか持ち込む人いません?


映画館の飲み物がMサイズ350円だとするとペットボトルのお茶は160円くらいじゃないですか。差額200円。200円なんて端金をケチって規約違反しちゃう人たちって何なの? 親に教育費ケチられて育ったのかな???


もし規約違反行為で万単位で差額がでるなら「アホだなぁ」とは思いこそすれメリットがある行為なのはわかるけど。
200円!? 100円単位をケチる!? 映画館の千何百円を払えるいい年した人間が!?
その程度の額のために正規利用者という肩書きを捨てる!?


ひえーっ!!!


こ……こわい!



貧すれば鈍するを地で行く想像力のなさが怖い!

というわけでペットボトルの持ち込みはギリッギリ見なかったことにしてもそこにスマホ利用とか食べ物持ち込みが重なってくると即映画館に通報してるマンです。
映画館を自宅と勘違いした加害者共、こんばんは。これからも俺に見つからないことを祈れ。
そして被害者のみなさん、俺の怒りを聞いてくれ。


昨日のことなんですよ。109シネマズのですね、エグゼクティブシートに座ってたときの出来事なんですけど。


映画に行く人はご存じかなと思いますが109シネマズのエグゼクティブシートは通常料金3000円なんですが、会員だと通常料金で座れるんですね。なのであの席を使う人はだいたい会員登録しているわけですが。


そんな席にお菓子と飲み物を持ち込みしてたヤツがいたんですわ。


バカじゃないですか?


会員登録必要な席だよ!?


席名を映画館側にいえば誰が座ってたのか丸わかりじゃないですか。


そんな中でビニール袋あさりながら、個包装のお菓子を、上映中に食べまくる。



はぁ~~~~~~~~?????



いやもう単純に思いましたよ。よくここまで頭お粗末で映画館でふんぞりかえっていられるなと。あと足組んで貧乏揺すりやめろ。上映中に上着脱ぎ出すのやめろ。上映中に後片付け始めるのやめろ。


そうなんですよ。後片付けするんですよ。違反なのは判ってるから退出前にゴミはカバンにいれていくんですよ。
もうね、こう思いましたよ。



アホか!!!!!



見られて困ると思ってるなら最初からやるなよ!!!!!
むしろそこはふんぞり返ってなにが悪いんですか??? ってツラしてみせろ半端か!!!!!!


もうね、いいですか持ち込み野郎共のみなさん。
マジでダサい。
せせこましさとみみっちさがダサい。


たった数百円をケチるためにこそこそ人目を気にして菓子ごときに映画館を追い出されるかの危機をかけてるのがダサい。
好きなお菓子喰いながら映画見たいなら家にいろと。
家でAmazonプライムビデオの無料ラインナップの追加に一喜一憂してながらひとりで映画でも見てろと。


あと映画館も本当、売り上げ大変なのは判るんですが、ああいうのにちゃんと対応しませんか。
大概がアルバイトとかだろうし、問題はあるんだろうけど……。


ふつう他の飲食店に食べ物持ち込んだら追い出されるじゃん?
でも映画館は黙認するじゃん?


罰則のない禁止事項なんてそりゃあマナーなんのそれという無敵マンが蔓延るに決まってるわけで。


そういう無敵マンはね、他の人がマナー違反しようが関係ないんで快適に見られるわけです。でも正規の利用者は自分たちは規約から逸脱しないようにしてるのにしてるからストレスを感じる人がでてくるわけです。俺とか。


で、対処してもらおうとしたら途中退室しなきゃいけない。



アホかァ~~~~~~~!?



なんで常に正規に利用してる人間が違法利用者に対して損しながら対応してやらなきゃいけないんだよ。
ここが映画館の歪みのひとつですよね。
違法利用者は快適だけど正規利用者は不利益を被り、対応してもらうのにも正規利用者が自分の料金分の体験を得るという利益追求を諦めて通報せねばならず、なのに映画館側は強く対応しないのでなんの効果もでない。


映画館、最近は週に2~3回行ってるんですが、マジで阿呆らしい。


けっして安くない金を払っておいて迷惑客に対処しないんですよ? 信じられるか……???
飲み物買ったりしたら2500円、IMAXにいったら3000円は余裕で超えるのに、観客ガチャをさせられるんですよ?????


挙げ句の果てにはクレーマー扱いになりますからね、ってグランドシネマサンシャインの口コミ情報欄を見て思ったよね。クレーマー用問い合わせ窓口ありますので……って案内されたのに公式ホームページにないんですって。どんな対応だよ。


ちなみにグランドシネマサンシャイン、受付メールに「アプリ以外からチケット買ったら係員にいってくれたらアプリにポイント反映します」って書いてあるのに係員にいったら「無理です」ですからね。社員を呼んでもらっても「無理です」だからね。「いやでもここに書いてあるんですけど……」ってお願い申し上げたら社員が書類を調べ上げようやく「手順の書いてある資料がありました」って持ってくるからね。社員すら知らないで「そういうの無理です」って断言してたのかよ!!! どうなってんだよ!!!!!

(ちなみにオープンして一週間ちょいくらいだったので「まあ忙しかったんだろうな……」と同情と納得はしてます)(でも映画館にちゃんと行動とってもらうためにはここまでクレーマー同然に粘らなきゃいけないんだよな。信じられます? それともこれはクレーマーなのかな……?)

自分もグランドシネマサンシャインジェミニマンを観てたときにオタク二人組が「字幕なっちじゃんwwwww」って騒ぎ出し、それだけならともかく上映中に雑談したり(当然飲み物も持ち込み)とイライラしたので試しにグランドシネマサンシャインに連絡したんですが「まあ……そういうのもこの電話で受け付けてますし、こちらも気をつけますね」と対応されるだけでしたからね。専用の窓口なんてねえ。


映画館、マジで正規利用者がバカを見ない対応をとってくれ。できないならいっそ「持ち込み可です!」って張り紙に変えろ。取り締まらないけどルール破らない人からは運営費をとるためにマージンを広くとった物販は売りま~す! とかふざけたことしてると思ってしまうぞ……。

それでここまで見た人は判るでしょう

飲み物持ち込むやつは視聴マナーも悪い

ということに……。


つまり映画館に食べ物持ち込むやつになにが言いたいかというと。
f:id:SEI_BU:20191030201649j:plain