娯楽三昧

迷宮式娯楽三昧・全年齢版

作品考察

鬱じゃない! 米澤穂信『ボトルネック』の真実 ――感想と考察

『聞いて。 思考に限界はない。キミにだって。─ ─ 想像して! あの娘が本当に望んでいるのは何?』米澤 穂信. ボトルネック(新潮文庫) ボトルネック(新潮文庫)作者:米澤 穂信発売日: 2014/11/28メディア: Kindle版 米澤穂信と言えば日常ミステリ、それが…

バットマンが死んだ日

wwws.warnerbros.co.jpあ、バットマン死んだわ。 というのが第一感想だった。 見てきた というわけで、10月4日に公開された「ジョーカー」、早速グランドシネマサンシャイン池袋GTレーザー IMAXで鑑賞してきたんですよ。 土曜日だったからか満席。最初は台風…

【天気の子ネタバレ】現代が禁じた絶望への銃口

現代はインターネットのせいでお山の大将になれずに実力をつける前に心が折れる人がいる、なんて話をよく聞くようになったんだけども、そうやって増長ができなくなった世界で一緒に禁じられたものがなにかなー、と思ったら絶望だよねという話。インターネッ…

【ネタバレ】天気の子は何を殺したのか

「天気の子はセカイ系を終わらせた」 「天気の子は傲慢な大人を殺した」 「子供であることを肯定した」天気の子の感想やレビューを拝見したときに見るワードといえば、この辺りだっただろうか。 天気の子は新海誠監督の新作映画にして00年代エロゲのPS2コン…